日本農学会 ページを閉じる

2019年度シンポジウム

SDGsを超える農学のブレイクスルー

日時
2019年10月 5日(土)午前10 時より(午前9 時30 分開場)
会場
東京大学弥生講堂・一条ホール
主な対象
一般、学生、院生、若手研究者
講演要旨
別売(500円/1部)
ポスターイメージ
ポスター(pdf)
内容
地球上の様々な問題解決のために2030年までの国際目標(SDGs=持続可能な開発目標)が国連で採択され世界中でその実現に向けた努力が続けられている。一方で農学分野では、SDGsの実現にとどまらず、すでにその先を見据えた研究が進められている。本シンポジウムでは、持続的で豊かな生活を実現させるための農学の各分野でのブレイクスルーとなりうる取り組みを紹介し、農学研究や私たちの生活の未来について考えたい。
プログラム 
講演題目
   趣旨説明:「SDGsはゴールではない」 日本農学会副会長
大杉 立
  「未来社会の経済システムと農業・農村の課題解決」 九州大学
エネルギー研究教育機構
吉田謙太郎
  「林業は持続可能になり得るか?」 森林研究・整備機構
森林総合研究所
宇都木 玄
  「作物育種で持続可能な社会を創り出す」 名古屋大学 
生物機能開発利用研究センター
佐塚 隆志
  「ベジタリアン養殖魚が食卓を変える」 東京海洋大学学術研究院
佐藤 秀一
  「すくった水を見るだけで、棲んでいる生きものが分かる」 農研機構
農村工学研究部門
小出水 規行
  「メタノール資化性葉面共生菌による“C1炭素固定”と農学への展開」 京都大学大学院農学研究科 
阪井 康能
  「家畜を護り、食卓を守る」 東京大学大学院農学生命科学研究科
芳賀 猛