日本農学会 ページを閉じる

平成29年度シンポジウム

大変動時代の食と農

日時
平成29年10月 14日(土)午前10 時より(午前9 時30 分開場)
会場
東京大学弥生講堂・一条ホール
主な対象
一般、学生、院生、若手研究者
講演要旨
別売(500円/1部)
ポスターイメージ
ポスター(pdf)
内容
 近年、地球規模での気象異変による食料生産の不安定化、急増・流動化する世界人口と食料消費構造の変化、人類の生産活動によって引き起こされる環境問題など、さまざまな環境の変動が、農業・食料生産を脅かすようになっている。そこで、本シンポジウムでは、農・食の生産を脅かす地球規模の環境変動と、その克服・解決を目指した研究の取り組みを紹介し、大変動時代に農学が果たす役割を考える契機としたい。
プログラム 
講演題目
  「降雨パターンの変動と林地災害の激甚化」 森林研究・整備機構
森林総合研究所
大丸 裕武
  「変動する海流システムと水産資源の持続可能性」 長崎大学水産学部
中田 英昭
  「環境変動が雑草の生態や管理に及ぼす影響」 農研機構 
農業環境変動研究センター
與語 靖洋
  「地球温暖化によって果樹の栽培適地はどうかわる?」 農研機構 果樹茶業研究部門
杉浦 俊彦
  「塩からい水で魚と野菜を育てる
          -乾燥地での持続的な食料生産をめざして-」
鳥取大学農学部
山田 智
  「地球温暖化から家畜生産を守る
         ~適応技術開発の取り組み~」
農研機構 畜産研究部門 
永西 修
  「パイプライン用水路が持つ夏季灌漑水温の上昇抑制効果」 農研機構 
中央農業研究センター
坂田 賢
  「増大する作物病害虫の新興リスクにどう立ち向かう?」 農研機構
中央農業研究センター
大藤 泰雄
  「地球環境と食料・農業に関する国際的な科学と社会のコミュニケーション」 農研機構
農業環境変動研究センター 
八木 一行